和歌山の不妊治療・生殖医療専門クリニック 体外受精, 顕微授精, 男性不妊, 卵子・胚(受精卵)・精子凍結, 着床前診断, 遺伝カウンセリング, がん・生殖医療, 妊よう性温存治療

来院時のお願い

  • HOME
  • 来院時のお願い

当院通院中の患者様へ

新型コロナウイルス感染症についてみなさまご心配をされていると存じます。
先日、和歌山県では緊急事態宣言が解除されましたが、当院では今後も引き続き感染予防に配慮しつつ治療を行ってまいります。

5月18日に日本生殖医学会は、治療を延期された方々に対して不妊治療の再開を考慮する旨の声明を出しました。

http://www.jsrm.or.jp/announce/195.pdf

当院では、患者様のさまざまなご事情や状況を鑑みて、患者様とご相談しながら不妊診療を行っております。
治療を延期された患者様におかれましては、感染予防に留意しつつ治療再開を考慮ください。

なお、妊娠中の方については、厚生労働省から胎児の異常や流産、死産を起こしやすいという報告はなく、妊娠中に過度な心配は不要とのお知らせがございました。

また、当院では感染予防のため以下の取り組みをいたしております。
患者様にも何卒ご協力をお願いいたします。

待合についてはお一人お一人の間隔をあけて椅子を配置しておりますので、普段よりも椅子が少なくなっております。診察室のある3階フロアだけでなく、2階フロアでもお待ちいただくことをお願いしております。

  1. 通風換気をしておりますので蒸し暑いなどありましたらスタッフにお声がけください。
  2. 受付時には手指アルコール消毒をお願いいたします。
  3. 来院時にはご自身でマスクの着用をお願いいたします。
  4. 発熱(37度以上)、倦怠感、咳、体調不良、味覚障害などがある場合にはご来院をお控え下さい。
    ご家族に上記症状がある場合にも同様な対処をお願いいたします。
  5. コロナウイルス感染予防の観点から当面の間、受診のない付き添いの方の同伴、お子様連れの来院はご遠慮ください。

2020年5月18日
うつのみやレディースクリニック院長

不妊外来初診の方へ

はじめに

当院は不妊治療専門です。

検査をして不妊原因を探りながら治療を行う体制を取っております。
不妊原因の割合は男女同率です。第2子不妊でも男性側に異常があることも多くみられます。原則としてご夫婦ともに検査と治療を行います。
女性については、内診、経腟超音波検査をほぼ毎回実施いたします。
男性については、他院のデータをお持ちの場合でも当院でも精液検査を実施いたします。

以下の方はお引き受けしておりません。

検査のみ、検査をしないタイミング療法のみの方

女性で46歳以上の方(治療は47歳になるまで)

以前に当院で治療されていた方は除きます。

BMI(体重Kg÷身長m÷身長m)が35以上の方

高度な肥満は当院として妊娠許可を出せません。BMIが25以上の方は減量をお願いします。

治療中の疾患があり、主治医から妊娠を許可されていない方

癌、心臓病、腎臓病、内分泌疾患、自己免疫疾患、精神疾患など現在通院中の方については、主治医からの情報提供書をいただいております。妊娠許可されていることを確認して診療を行います。

未入籍の方

セカンドオピニオンの方

現在他院で治療中で当院の意見が聞きたいという方はお引き受けしておりません。

  • 不妊相談のみご希望の場合は、看護師によるカウンセリングを予約制でおこなっております。
    不妊カウンセリング
  • 他院通院中の方でHSG(子宮卵管造影)のみご希望の場合は、必ず主治医からの紹介状と1年間以内のクラミジア陰性結果のデータをご持参ください。(事前予約が必要です)

不妊治療中に留意いただきたいこと

体重管理に注意してください

痩せすぎは無月経症、無排卵症の原因となります。
肥満は排卵障害の原因になるだけでなく、卵の質を低下させます。
男性の場合は、精液所見を低下させます。
BMI(体重Kg÷身長m÷身長m)が25以上の方は減量をお願いします。

禁煙しましょう

喫煙は女性の場合は卵子数の減少スピードを加速させ、卵の質を低下させます。妊娠中も禁煙が必要になります。
男性も精子数、精子運動率の低下、奇形率の上昇を招きます。よって受精能力が低下します。
男性も禁煙をお願いします。

飲酒はほどほどに

毎日の飲酒は肝臓機能の低下だけでなく、卵の質、精子の質の低下を招きます。
休肝日を設け、過度の飲酒を避けましょう。

基礎体温の測定

来院の際は、毎朝婦人用体温計で測定した基礎体温データを紙データでお持ちください。
スマートフォンや携帯などに管理されている方は、プリントアウトしてお持ち下さい。
目盛りが小さすぎて体温変化が見づらい場合は、他の用紙に書き換えていただいています。

初診の際にお持ちいただくもの

問診表(女性用と男性用ともに)

問診票ダウンロード

健康保険証

他院からの紹介状(情報提供書)

持病がある方は、不妊治療を受けられる許可を主治医から受けてください。
その際情報提供書を書いていただいて当院にお持ちください。

基礎体温表(基礎体温表の用紙にグラフにしたもの)

前医での検査データ

血液型カード(あれば)

2人目の方はお子さんの母子健康手帳

風疹抗体検査データ

初めてご来院の方へ

ご予約について

  • 初診の患者様は、WEB予約ではなく、お電話にてご予約を承ります。
  • 当院は予約優先制です。長時間お待たせすることのないよう、一般診療の方もご予約をお願いいたします。
  • 不妊治療の患者様は、必ずご予約ください。
    また、必ずご記入いただいく問診票は当WEBサイトからダウンロードできます。より正確にご回答いただくため、事前のご記入をお勧めいたします。

お子様連れについて

コロナウイルス感染予防の観点から当面の間、お子様連れの来院はご遠慮ください。

問診票ダウンロード

事前のご記入をお勧めします。

不妊治療で受診される患者様には、初診の際に問診票のご記入をお願いしています。女性用・男性用とも下記よりPDFファイルをダウンロードできますので、事前に印刷・ご記入のうえ、初診当日に受付へ提出して下さい。
より正確にご回答いただくため、事前のご記入をお勧めします。
また、待ち時間の短縮につながりますので、ご協力いただければ幸いです。

印刷・ご記入にあたってのお願い

  • A4サイズで印刷して下さい。(B5サイズなど他のサイズは不可)
  • 1ページずつ印刷して下さい。(両面印刷や割付印刷は不可)
  • ボールペンで記入して下さい。(鉛筆書きは不可)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

get Adobe Reader

もし問診票を印刷できない場合は、当院受付までお申し出ください。
初診のご来院までにあらかじめ問診票を受け取りにお越し頂ければ幸いです。