和歌山の不妊治療・生殖医療専門クリニック 体外受精, 顕微授精, 男性不妊, 卵子・胚(受精卵)・精子凍結, 着床前診断, 遺伝カウンセリング, がん・生殖医療, 妊よう性温存治療

お知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種について

和歌山市では、6月30日から64歳以下の一般の方向けの接種券を発行します。
当院では、和歌山市発行接種券のある当院通院中の患者様に接種する予定です。
ワクチン確保をすることから、事前に当院でのワクチン接種希望者を把握する必要があります。
ご希望の方については、受付までご依頼ください。

ただし、以下のことについてご了承ください。

  1. ワクチン接種する周期は避妊すること。
    3週間後にも2回目の接種があります。避妊期間が2周期にわたることが多いです。
  2. 妊娠中の方は接種できません。
  3. 他施設と接種予約を重複しないこと。
  4. 接種のキャンセルは原則受け付けません。
    妊娠が判明した場合と体調不良以外はキャンセルできません。
  5. アレルギーがでやすい方、副反応が心配な方は接種できません。
  6. とくに2回目の接種後に発熱、頭痛、倦怠感など感冒様症状が2,3日続くことがあります。
    症状が出た場合は、市販の解熱鎮痛薬を服用して安静にしてください。
  7. 副反応出現の可能性があるため、ご夫婦同日に接種することはお勧めしません。
  8. 基礎疾患がある方は、当院では接種できません。通院中の医療施設で主治医の了解を得て接種してください。

2021年6月24日
うつのみやレディースクリニック院長

新型コロナウイルスワクチン接種を考慮する方へ

新型コロナウイルスワクチン接種について日本産科婦人科学会から新たな声明がでました。
妊娠する前にワクチンを接種することが推奨されています。
不妊治療中の患者さんについての当院のワクチン接種時の方針としては、妊娠初期での新型コロナウイルスワクチン接種の胎児への安全性は不明ですので、ワクチン接種をされる周期は避妊していただくことをお勧めします。よってワクチン接種をされる周期での治療はいたしません。
以上ご了承ください。

⽇本産婦⼈科感染症学会からの新たなお知らせを掲載しました。下記リンクからご覧ください。

COVID-19(新型コロナウイルス)ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ

2021年5月23日
うつのみやレディースクリニック院長

開院10周年

開院10周年記念写真

おかげさまで2020年11月29日をもちまして、開院10周年を迎えました。この10年間にご来院いただいた皆様、ご尽力いただいた皆様にに心より感謝いたします。(写真:10年勤続スタッフの表彰を行いました。)

休診案内

  • お盆休みとして、8月8日(日)~8月15日(日)まで休診させていただきます。

PGT-A(着床前診断)ご希望の方へ

完全予約制 お電話にてご予約を承ります。
費用 遺伝カウンセリングとして、ご夫婦で4,400円
  • 必ずご夫婦でご参加ください。
  • お子様はご遠慮ください。

IVF(体外受精)セミナー

開講予定 7月31日(土)…定員10名
8月21日(土)…定員10名
新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため、しばらくは人数制限して開講いたします。 ご予約や空き状況の確認など、詳しくはお問い合わせ下さい。
時間 17:00から約2時間
会場 当院2F
参加費 2,000円(おひとりでもご夫婦でも同一)
  • 月1回土曜日。当院受付またはお電話にてご予約を承ります。
  • 院内換気のため窓を開けておりますので、暖かい服装でお越しください。

男性不妊外来

診療予定 7月31日(土)9:00~
8月28日(土)9:00~
9月休診
10月30日(土)9:00~
11月27日(土)9:00~
12月25日(土)9:00~
  • 生殖医療専門医と泌尿器科専門医、両方の資格を持つ男性不妊治療のエキスパート・増田裕医師による男性不妊診療です。
  • 月1回・完全予約制

和歌山県がん・生殖医療ネットワーク

和歌山県がん・生殖医療ネットワークは、和歌山県内のがん患者さん・がん治療医・生殖医療医を結びつけ、将来、子どもが欲しいと願う若年がん患者さんに、がん治療が始まるまでの限られた時間内で、妊よう性温存や治療を行う生殖医療施設に関する適切な情報を提供することを目的として設立されました。

和歌山県がん・生殖医療ネットワーク

和歌山県での「がん・生殖医療」についてまとめた論文『和歌山県での若年がん患者妊卒性温存療法と患者支援の取り組みー和歌山県がん・生殖医療ネットワーク始動と課題一』が、和歌山医学雑誌に掲載されました。下記よりPDFファイルをダウンロードできます。

和歌山医学 第72巻 第1号 別冊(2021年3月)

令和元年度 和歌山市母子保健協議会 会長表彰

多年にわたり母子衛生業務に従事し、和歌山市の市政発展に貢献した功績により、2019年11月28日(木)に和歌山市役所本庁舎で開かれた表彰式典において、和歌山市母子保健協議会会長より表彰状が授与されました。和歌山市の母子衛生の推進・整備の向上に貢献できるよう、これからも頑張ります。

平成30年度 和歌山市母子衛生功労者 市長表彰

多年にわたり母子衛生業務に従事し、和歌山市の市政発展に貢献した功績により、2018年11月8日(木)に和歌山市役所本庁舎で開かれた表彰式典において、尾花市長より表彰状が授与されました。和歌山市の少子化対策の一助として貢献できるよう、これからも頑張ります。

和歌山県で初。マイクロTESE-ICSIで非閉塞性無精子症カップルが妊娠

当院で和歌山県初となるマイクロTESEで精巣内精子を採取され、顕微授精を行った非閉塞性無精子症のご夫婦に赤ちゃんができました。おめでとうございます!
当院の技術でクラインフェルター症候群の患者様も赤ちゃんを授かることが可能です。
当院院長は、臨床遺伝専門医と生殖医療専門医資格をあわせ持つ和歌山県下で唯一の医師です。
遺伝カウンセリングも随時受付しております。遺伝的にご心配な点があり、挙児を希望されている方々のご相談を伺っています。

  • 要予約。事前に当院までお電話にてご予約ください。

当院はがん・生殖医療への取組みを行っています。

がん治療の進歩により、治癒率が向上し、がんを克服される方が増えています。しかし、抗がん治療により生殖機能が著しく低下して、がんが治っても子供さんを授かることが困難になる方も多くおられます。
当院では、がん治療の前に卵子・受精卵・精子の凍結保存を行い、若年がん患者さんが、がんを克服した後にママ・パパになる希望をかなえるお手伝いをしています。

テレビ・新聞などメディアで紹介された不妊治療用サプリメント梅抽出物UMULINを含む「umu(ウム)」に関するお問い合わせについて

  1. 当院院長が、梅抽出物UMULINを配合する「umu」を飲用された体外受精患者様での受精率、妊娠率の向上効果について論文、学会等で発表しております。受精率、妊娠率向上について立証されているサプリメントは梅抽出物UMULINを配合する「umu」だけです。(梅酢や単なる脱塩濃縮梅酢では、効果は確認されておりませんので、類似品にはくれぐれもご注意ください。)
  2. 梅抽出物UMULINを配合する「umu」以外の、梅酢や脱塩濃縮梅酢の生殖への影響については医学的根拠がなく、当方では全くわかりません。なお梅酢は、塩分過剰摂取の可能性がありますので飲用には十分ご注意ください。
  3. 当院では、当院で治療中の患者様にだけ販売しています。その他の方につきましてはワノミライカ株式会社のホームページよりご購入ください。
  4. 他の医療機関で治療中の場合、主治医にご相談ください。
  5. 梅抽出物UMULINを配合する「umu」は、薬品ではありません。不妊治療中の方に限らず、どなたでも飲用いただける高機能食品です。
  6. 妊娠中の飲用については、下記問合せ先にお尋ねください。
  7. 梅酢からの有効成分抽出に関する特許は、製造会社が申請しています。当院では、製法はわかりかねます。
  • 梅抽出物UMULINを配合する「umu」は、医学論文中「BX70UMEAQUA」と明記されています。

お問合せ先:株式会社紀州ほそ川創薬
TEL:073-481-4543
http://www.umulin.me

テレビ・新聞などで紹介されたウムリン配合不妊治療用サプリメントumu(ウム)