初めて診療を受けられる方へ お子様連れのご来院について

お知らせ

休診案内 2016⁄12⁄6 12月28日(水)から1月3日(火)まで年末年始休業とさせていただきます。
お知らせ 2016⁄11⁄29 本日のクリニックスタッフ 2010年11月29日の開院から、おかげさまで6周年を迎えることができました。丸6年目の時点で、当院で治療した妊娠例は1,461件となっています。
これからも不妊に悩まれている皆さんの腕にかわいい赤ちゃんを抱いていただけるよう、和歌山県の不妊治療の前進に貢献できるクリニックとしてスタッフ一同頑張ってまいります!
お知らせ 2016⁄11⁄25 クリニック移転地鎮祭 2017年、JR和歌山駅から徒歩約4分の場所に新築移転予定です。本日、地鎮祭を執り行いました。通院がとても便利になるかと存じます。どうぞご期待ください。
セミナー 2016⁄11⁄16 12月17日(土)のIVF(体外受精)セミナーは、開始時間が17時に変更になりました。
専門外来 2016⁄9⁄30 男性不妊専門外来の診療予定を更新しました。
お知らせ 2016⁄9⁄26 雑誌「an・an(アンアン)」に掲載されました。
お知らせ 2016⁄3⁄2 男性不妊専門外来の問診票が新しくなりました。ホームページからダウンロードできますのでご利用ください。
お知らせ 2016⁄2⁄8 読売新聞「病院の実力~不妊治療」に院長の記事が掲載されました。

和歌山県で初。
マイクロTESE-ICSIで非閉塞性無精子症カップルが妊娠。
元気な赤ちゃんが生まれました

当院で和歌山県初となるマイクロTESEで精巣内精子を採取され、顕微授精を行った非閉塞性無精子症のご夫婦に赤ちゃんができました。おめでとうございます!

当院の技術でクラインフェルター症候群の患者様も赤ちゃんを授かることが可能です。
当院院長は、臨床遺伝専門医と生殖医療専門医資格をあわせ持つ和歌山県下で唯一の医師です。遺伝カウンセリングも随時受付しております。遺伝的にご心配な点があり、挙児を希望されている方々のご相談を伺っています。(事前にご予約が必要です。お気軽に当院にお電話ください。)

当院はがん生殖医療への取組みを行っています。

がん治療の進歩により、治癒率が向上し、がんを克服される方が増えています。 しかし、抗がん治療により生殖機能が著しく低下して、がんが治っても子供さんを授かることが困難になる方も多くおられます。 当院では、がん治療の前に卵子、受精卵、精子の凍結保存を行い、若年がん患者さんが、がんを克服した後にママ、パパになる希望をかなえるお手伝いをしています。

当院が2017年にJR和歌山駅前に移転します。

現在、不妊外来部門とART(生殖補助医療)部門をさらに充実し、和歌山の患者様に最前線の治療を提供するべく、JR和歌山駅前(旧紀陽銀行国体道路支店跡)に新築移転計画を遂行しております。 こうご期待ください!

テレビ・新聞などメディアで紹介された不妊治療用サプリメント
梅抽出物UMULINを含むumu(ウム)に関するお問い合わせについて

  1. 当院院長が、梅抽出物UMULINを配合するumuを飲用された体外受精患者様での受精率、妊娠率の向上効果について論文、学会等で発表しております。受精率、妊娠率向上について立証されているサプリメントは梅抽出物UMULINを配合するumuだけです。(梅酢や単なる脱塩濃縮梅酢では、効果は確認されておりませんので類似品にはくれぐれもご注意ください)
  2. 梅抽出物UMULINを配合するumu以外の、梅酢や脱塩濃縮梅酢の生殖への影響については医学的根拠がなく、当方では全くわかりません。なお梅酢は、塩分過剰摂取の可能性がありますので飲用には十分ご注意ください。
  3. 当院では、当院で治療中の患者様にだけ販売しております。その他の方につきましてはワノミライカ株式会社のホームページよりご購入ください。(http://www.umulin.me/
  4. 他の医療機関で治療中の場合、主治医にご相談ください。
  5. 梅抽出物UMULINを配合するumuは、薬品ではありません。不妊治療中の方に限らず、どなたでも飲用いただける高機能食品です。
  6. 妊娠中の飲用については、下記問合せ先にお尋ねください。
  7. 梅酢からの有効成分抽出に関する特許は、製造会社が申請しています。当院では、製法はわかりかねます。

    梅抽出物UMULINを配合するumuは、医学論文中「BX70UMEAQUA」と明記されています。

[問合せ先]
テレビ・新聞などで紹介された不妊治療用の脱塩濃縮梅酢サプリメント umu(ウム) ワノミライカ株式会社
http://www.umulin.me/
電話番号:0739-74-3900

おかげさまで開院6周年!妊娠例1,461件を突破しました。

不妊治療妊娠実績

2010年11月29日の開院から、おかげさまで6周年を迎えることができました。丸6年目の時点で、当院で治療した妊娠例は1,461件となっています。
これからも不妊に悩まれている皆さんの腕にかわいい赤ちゃんを抱いていただけるよう、和歌山県の不妊治療の前進に貢献できるクリニックとしてスタッフ一同頑張ってまいります!

うつのみやレディースクリニック院長
宇都宮智子

患者様からのおたより

泌尿器科生殖医療専門医による男性不妊外来を開設しております。

お知らせ:
当院で和歌山県初となるマイクロTESEで精巣内精子を採取され、顕微授精を行った非閉塞性無精子症のご夫婦が妊娠。元気な赤ちゃんが生まれました。

泌尿器科生殖医療専門医 増田裕医師 当院では2014年8月より泌尿器科生殖医療専門医による男性不妊診療を行っており、2015年5月までのべ200名あまりの患者様を診療しております。
増田裕医師は日本で45人しかいない、生殖医療専門医と泌尿器科専門医の両方をもつ男性不妊治療のエキスパートです。
増田医師により精索静脈瘤が診断され、静脈瘤手術後に妊娠されるカップルが当院でも続々出現しております。
また、和歌山県初となる非閉塞性無精子症症例に対するマイクロテセ(顕微鏡下精巣内精子採取術)で精子が採取され、当院で凍結保管、顕微授精も行っております。

不妊カップルの半分は、男性にも原因があります。その原因には、勃起障害・射精障害などさまざまなものがあり、治療も多岐にわたります。性機能障害に関しては本人でも自覚でききますが、造精機能障害は、精液検査を受けなければわかりません。生殖医療は飛躍的に進歩しています。早いうちに精液検査を受ければ治療が可能になるかもしれません。今まで和歌山県では治療できなかった非閉塞性無精子症の人を対象にmicro-TESE(マイクロテセ)(顕微鏡下精巣内精子採取術)手術が可能となりました。クラインフェルター症候群の患者さんからも精子の採取を可能で、挙児可能です。また乏精子症・精子運動率低下の35%は精索静脈瘤が原因です。精索静脈瘤の手術を積極的にしています。男性不妊の診察は一度受診していただければ簡単な検査で診断がつきます。

精液検査で不良といわれたことがある方については、ぜひ当院男性不妊外来を受診されることをお勧めいたします。

診療日 月1回。完全予約制。
診療予定は、当ホームページで随時お知らせします。

診療予定 :
2016年10月29日(土)9:10~
2016年11月26日(土)13:40~
2016年12月24日(土)9:10~
2017年1月28日(土)9:10~
2017年2月は休診
2017年3月25日(土)9:10~

当院では、初診の患者さんに問診票のご記入をお願いしております。その問診票を下記よりダウンロードできますので、A4サイズに印刷・ご記入のうえ、初診当日に受付へ提出してください。
より正確にご回答いただくため、事前のご記入をお勧めします。また待ち時間の短縮化も図れますので、ご協力いただければ幸いです。

男性用問診票

IVF(体外受精)セミナーのお知らせ

体外受精について知りたい
体外受精をうけようか考え中
体外受精の治療を予定している

このような患者さまを対象としたIVF(体外受精)セミナーを開催しています。妊娠のしくみや体外受精の歴史、治療内容などについて院長がお話します。ぜひご夫婦ご一緒におこしください。

開講日 月1回土曜日。当院受付にてご予約を承ります。
開講予定は、当ホームページで随時お知らせします。
開講予定 :11月26日(土)18:00~ 12月17日(土)17:00~
時間 約2時間
場所 当院待合ホール
参加費 2,000円(おひとりでもご夫婦でも同一)

JR宮前駅から徒歩約5分!院長が女性医師のレディースクリニック

院長の宇都宮智子です。 当院の中をご案内します。
診療受付
時間
(午前診)
9:30~12:00
(午後診)
16:00~18:00

(*1)

<休診日>木曜午後、日・祝

(*1)土曜午後14:00~16:00 土曜は午前・午後とも完全予約制です。

※月曜午前、土曜は混雑が予想されます。なにとぞご了承ください。

診療予約について

うつのみやレディースクリニック外観
うつのみやレディースクリニック地図

詳しい地図はこちら

うつのみやレディースクリニック
〒641-0002 和歌山市新中島132-6

JR紀勢本線「宮前駅」から徒歩約5分
患者様専用駐車場あり